スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
カウルのツメが折れてしまった場合の修理法。

原付のボディーサイドのツメが折れてしまった・・・といった経験はありませんか?
ツメが折れてしまうとどうしてもサイドカバーが外れてしまいます。

塩ビ板は問題なかったので、塩ビ板がいいと思います。ただ、塩ビの場合だと接着剤が特殊なので、通常のボンドだとうまくくっつかないことがあるので、とりあえずはボンドを仮どめ用に使います。

そして、その先端部5mmから1cmくらいの箇所を、ドライヤーなどの熱風で温め、L型に曲げます。この場合、ハンダゴテではダメなので注意してください。

あと、それをボディー内部のツメの折れた箇所にボンドで仮どめします。後は、ハンダゴテを使用して端部をしっかりと溶着しましょう。

そして、原付のボディーの組み立てを行って修理完了です。もしツメが長いようであるならば爪切りなどを使って適当にカットしてください。

この方法でいくらか修理費は浮きますね。

関連情報
関東スティールハート 出張修理 原付バイクのパンク・キーいたずら・タイヤ交換・放置復活 に完全対応!! 東京・埼玉・千葉・神奈川に随時、出張サービスカー巡回中!! FC2ブックマークに追加. テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク ...(続きを読む)
参考:SKB-2 PG10x2 ヒーロースティックヨーヨー 100%プエラリア 20インチ折畳自転車6段変速 RA850 PUG040 

スポンサーサイト
【2009/10/27 10:09 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ボトックス注射でシワとり | ホーム | ブルーレイディスクプレーヤーの特長>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://netjijinetab.blog123.fc2.com/tb.php/468-78cb5584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。