スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
岡田武史の日本代表選手時代

日本代表監督に就任した岡田武史監督ですが、現役時代も日本代表としてプレーしたことがあるということを知っていますか?
現在のJ1ジェフユナイテッド千葉の前身となる古川電気工業でプレーしていた岡田武史。

これは1982年に、岡田さんが日本代表としてインドのニューデリーでのアジア大会に出場した際の話なのですが、最初発表された代表メンバーには岡田さんの名がありませんでした。

しかし、当時、代表のキャプテンを務めていた前田秀樹さんが負傷によって参加を辞退したことで岡田さんが追加招集されたのです。

背番号は前田さんがつけていた9をそのまま背負うこととなりました。日本は1次リーグにおいて韓国、イランというアジアの強豪国と相対する厳しいグループに入ってしまいました。

ただ、このイラン戦での岡田さんの出場はありませんでした。最終戦の韓国戦の試合前の段階で、日本が2勝で首位、韓国が1勝1敗。

しかし、得失点差により、日本が自力での1次リーグ突破を確保するためには引分け以上が必要。その大一番の韓国戦で、日本はFWの尾崎加寿夫さんに代えて、守備的な中盤の選手として岡田さんを大会初起用。

後半30分を経過し、勝つ以外には1次リーグ突破の目がない韓国に攻め込まれますが、日本は辛抱強く守る。

結局そのまま2-1で逃げ切り、日本は首位で1次リーグ突破を決めました。岡田さんは守備を期待されての起用とはいえ、2ゴールに絡む活躍。

日本の1次リーグ突破に大いに貢献したのです。

関連情報
左内転筋通で別メニュー調整を続けている闘莉王の招集に対して、岡田武史監督は当初から、「ケガの様子を見極めてから」としていた。 日本代表は14日にポート・エリザベスで南アフリカ代表と対戦した後、18日にアジアカップ最終予選の香港 ...(続きを読む)
参考:K-15G K-15PB P4HS 卓上細密シュレッダー オフィスシュレッダー RW01K ファンヒーターラック 

スポンサーサイト
【2009/11/08 09:46 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<絢香とコブクロのコラボ作品「WINDING ROAD」 | ホーム | 「恋空」ドラマの放送時間>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://netjijinetab.blog123.fc2.com/tb.php/477-be45d424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。